【予約受付中!】2019年10月14日(祝・月) 峯岸マジック~みるみる変わる肩回り、背中スッキリヨガ

2019/08/12

峯岸マジック~みるみる変わる肩回り、背中スッキリヨガ

「yogaの練習の際に引っ掛かる感じ、つまる感じがあるのを無視してはいけないのです。また、
yogaをしていて手首が痛くなったり、逆に肩が凝ってしまったりしていないでしょうか?
そもそも、肩こりはなぜこんなに多いのでしょう? 日本人の不調のtopです。そして
yogaをしても肩こりが解消しないし、50肩になってしまうのはなぜ??
そうした視点から肩回り、背骨の本来の機能を大切に活かす手法をお伝えしていきましょう。
これらの手法はすべて峯岸マジックと言われていますが、
それは手順を追って本来持っている動きの機能をよみがえらせることで、特別なことではく、
きちんとした理論に基づかせたアプローチです。
今回のWSでは筋膜との関連も活かしながら、肩回り、背中の動きの機能と連動性が高め、
しいては体全体の可動性、反応、心地よさを導きます。」

日時

2019年10 月14日(祝・月)9:30~11:30

対象 どなたでもご参加頂けます。
受講料 当会員:3,500円

非会員:
①早割4,000円
(9月15日まで)
②通常4,500円

レンタルマット:300円
(※当会員は無料)
※レンタルマットをご希望の場合は
事前にご連絡ください。

持物 動きやすいウエア、
タオル、
筆記用具、
ヨガマット、
(レンタル300円)
水分
(ミネラルウォーター110円で販売)

講師

峯岸道子

プロフィール

フィットネスエクササイズの草分け的存在として活動後、2000年沖ヨガ指導者認定を受ける。

フィジカル的なアプローチを得意とし、35年以上の現場指導から学んだ自らの実体験、経験値から生み出される身体操作法、コンテンツの数々はワークショップや指導者育成でも人気を博している。

峯岸独自の身体操作法は、ヨガのスタイルをより自由にし、「全ての人の為にヨガはある」 というビジョンのもと、辛いなら辛くないような、安定しないなら安定するような、常に参加者に寄り添う形で生み出されたものとして、国内外でも高い評価を得ている。

主に峯岸の拘る身体部位としては、「肩甲骨」「坐骨」「背骨仙骨」「股関節」があり、それらに特化させた峯岸のメソッドとしては以下のものがある。

① 2013年に「肩甲骨ヨガ®」
これは肩回りの不調から可動拡大、アーサナへの取り込み方まで、全て峯岸のオリジナルテクニックとして、多くの人たちに即効性と有効性の高さで役立てて貰っている。

② 2015年に「背骨メンテナンスヨガ~仙骨~」
神経系と繋がるワークなので、極めて繊細なテクニックであり、脳、脳脊髄液、自律神経系への作用や椎骨一つ一つのしなやかな動きを生み出す操作は、特に現代人には有効である。

③ 2016年に「坐骨から導く股関節操作」
坐骨結節を左右操作し分けるという発想から、ポーズ自体の深化を呼び覚ますと同時に、股関節の滑る、回る感覚をしっかりと呼び覚ますアプローチとして考案されている。

④ 2017年には今までの峯岸の独自の身体操作を盛り込んだ、自由でスタイリッシュなヨガスタイルとして「michiko style yoga flow」を確立。

また一方で、独自性のある型破りなプロップス使いも評判で、2010年に「ヨガ棒」を考案し、その活用法は肩の不調の緩和はもとより、ヨガのセルフアジャストメント、アスリートの為のツールとして、また関節可動域の改善、肩、肩甲骨の機能改善等、上記のメソッドの考え方も組み込んで幅広い活用テクニックを生み出し続けている。
今や「ヨガ棒」及び峯岸のメソッドの数々は、国内のみならず、海外にも多くの指導者が履修し指導を展開している。

2009年に創始した「ハンディキャップヨガ」は、障がいのある方と、その家族たちへの展開も含めて行い、まさに「yoga is for everyone」を具現化させた草の根活動として、現在は北海道から九州地区まで広げられている。
全ては「現場から」学び、「現場に帰す」と考え、38年間の指導実践から生み出される「表現」「対処」は「峯岸語録」と呼ばれ、大きな説得力を持って、国内外にも支持者が多い。

海外でのプレゼンクラス、指導者育成クラスも増えており、5回のバリスピリットフェスティバル、3回の香港アジアヨガカンファレンス、2回の韓国ヨガフェスティバルなどのプレゼンテイターを勤め、また欧米からもメソッド指導を仰ぐ人々が峯岸の元を訪れている。

新しい切り口で、ヨガを魅せるものとしてステージパフォーマンスとして確立させた「調和」は2010年に提案し、ヨガ界に新風を起こしてきた。

2015年1月、Body & Mind Yogaスタジオは野毛

「michiko style yoga協会 代表」
ハンディキャップヨガジャパン代表」
「シグマストレッチ協会 代表」

AntiGravity®Fitness Japanのアドバイザー

イージーヨガのアンバサダー

Yoga Gives Backアンバサダー

主な書籍
「年を取らないからだづくり」
「笑顔の未来へ」
「肩甲骨ストレッチ」等多数。

BMYホームページ

Facebook

お申込みはこちらから

ご予約の流れ

ご予約をキャンセルされる場合は、前日までにご連絡をお願いします。開催日6日前以降のキャンセルは返金できませんのであらかじめご了承下さい。※キャンセル待ちの場合、空きが出た時点でスタジオよりご案内をさせて頂きます。

STEP1:下記メールアドレスへ必要事項をご記入の上送信をお願いします。

メールはこちらへ

必要事項①お名前②メールアドレス③お電話番号④住所⑤当会員or非会員(会員の方は会員NOをご記入ください。)⑥レンタルマット有無(当会員は無料)

領収書をご希望される方は当日受付スタッフまでお声掛けください。 

STEP2:仮予約メールより振込依頼通知を送信します。

(仮予約完了メールが受信されない場合は077-536-5317までお問合せください。)

STEP3:指定口座へお振込み

ご入金を頂くまでは仮予約となり、ご入金を頂いて予約完了となります。仮予約中は、後からお申込みの方でも入金済みの方を優先させて頂きます。

STEP4:本予約完了メール送信

こちらのメールで予約完了となります。

関連記事を読む

【夏休み特別企画】2019年8月21日(水) ママ(パパ)と一緒にヨガKids Ver
【終了】2月16日(土)・17日(日)開催「龍村式指ヨガ インストラクター養成講座」
【終了】2019年3月16日(土) Five Elements Yoga®️ 1day Workshop